男の人

うつ病と診断される前にうつの症状を知っておこう

うつ病の治療方法

相談

うつ病と診断されて完治までには根気と時間がかかります。根気と時間のかかるうつ病の治療方法は、薬による治療と十分な休養を取る2つの治療を軸に進めていきます。それに加えてうつ病を繰り返さないために、うつに至った考え方やストレスとの向き合い方を見直していく精神療法を組み合わせて治療を進めていきます。うつ病と診断されている患者さん本人では自己管理がなかなか難しいものです。薬の服用の状況や体調や表情の変化の機微を感じ取るように、ご家族の協力と支えがうつ病の治療では重要です。では、うつ病の基本的な治療から解説していきます。まず一番重要になる治療が十分な休養です。うつ病と診断された方は、特に強い責任感を持っており、仕事を休むことや家事をやらないのはダメなことだと考えてしまいがちです。休養を取らずにストレスがかかってしまっている状態では、十分なうつ病の治療を行なうことができません。場合によっては仕事を休職するという選択も必要です。責任感が強い頑張り屋さんの方は、休職することに罪悪感や抵抗感を感じる事でしょう。医師の診断のもとで、どの程度の期間休職が必要か説明を受けてその期間までに復帰することではなく、その期間までゆっくりと休養することをうつ病の診断を受けた方にご家族から伝えるようにしましょう。ご家族から休んでほしいという言葉は、うつ病の患者にとってこころの負担を軽くする言葉になることでしょう。また、女性の場合になると食事や掃除など家事全般をやっていて、それに子どもがいらっしゃれば気になることが多くて家に居てゆっくりと休むことができません。その場合は、入院して休養に専念することも1つの選択です。入院となると患者は心配することが多いと思います。特に責任感の強い方だと思われるので、しっかりと休んで治療以外のことは何も考えなくていいという家族からの言葉があれば、治療に専念できることでしょう。休養は特に家族や周りの支援が必要です。うつ病の患者自身は何も考えずにきちんと休養しましょう。ご家族は患者が休養できる環境づくりをできるようにして下さい。休養と並行して薬による治療をします。精神科や心療内科の薬に何かと抵抗がある方はいると思います。しかし、うつ病もほかの病気と同じく体に異常をきたしている状態です。まずは異常を修正することが必要です。体の異常を修正するために薬に頼れる部分は頼りましょう。休養と薬での治療が進んだ段階で、うつ病のぶり返しを防ぐ心理的治療を行ないます。うつ病と診断された方によくあてはまる、否定的な思考や完璧思考をより柔軟な思考に変えていけるようにアドバイスを貰いながら認知行動療法を行なっていきます。休養と薬を服用して治療に向かえるようになってから、心理的治療でうつ病を根元の部分から見直していくのがうつ病の治療方法です。