男の人

うつ病と診断される前にうつの症状を知っておこう

うつ病の原因を探す

ドクター

うつ病がなぜ起こるかはまだはっきりしていません。しかし、脳の伝達物質の働きが悪くなると同時に、ストレスで起きる体の不調や病気、環境の変化によるストレスなど様々な要因が重なって起こるものがうつ病だと考えられています。うつ病が診断されるのは、1つだけの要因ではないという事です。うつ病の要員としては遺伝的な要因が考えられています。それに加えて幼小児期に厳しい体験やトラウマがある事や、家族や親しい人が亡くなってしまう経験、家庭内や人間関係でのトラブルによる環境的な要因が合わさります。それがもとで起こる慢性的な疲労感や脳血管の障害、感染症や甲状腺機能の異常など体の不調になる身体的要因が加わりうつ病と診断されると言われています。また、うつ病は過度のストレスがきっかけで発症します。特にストレスで影響しやすいのが人間関係によるストレスと環境の変化によるストレスです。ストレスは嫌な出来事が原因かと思われていますが、環境の変化という部分で昇進や結婚などといった嬉しい出来事でもストレスは発生します。大きな環境の変化によってストレスは発生するので、嬉しい出来事であっても環境が変化することには注意する必要があります。様々な環境によって診断されるうつ病には、かかりやすいタイプの人がいると言われています。うつ病になりやすい人は、責任感が強く誰に対しても人当たりが良くて、周りの人からの評価が良い人がうつ病にかかるリスクが高いと言われています。このように、誰に対しても真面目に向き合う人は、自分の許容できる範囲を超えた頑張りをしてしまい、ストレスを発散する術がなく一人でため込んでしまうことが多いです。ストレスをため込んでしまうことにより、心のバランスを崩してしまいそのような体調の状態で環境的要因や身体的要因が加わることで、うつ病と診断されることがあります。すべて完璧にこなす必要はなく、優先順位をつけて行動するように考えることでうつ病のリスクを下げることができます。しかし、性格を変えるという事は簡単なことではありません。うつ病の治療は医師とのカウンセリングの中で、少しずつ考え方を変えていけるような指導やアドバイスを受けて、うつ病を再発しないような治療をしていきます。うつ病と診断を受けた方は、物事に関する捉え方やストレスとの向き合い方を見直すチャンスになります。うつ病の原因から治療に取り組んでうつ病の原因を見直し、もしもう一度同じ環境に立った時にその場面の上手な対処の仕方や向き合い方を考え直すきっかけとなります。原因とそのきっかけを見直して、正しく焦らずにうつ病を治療するようにしましょう。