診断で分かるうつ病の進行

うつ病と診断される前にうつの症状を知っておこう

うつ病の原因を探す

ドクター

うつ病は遺伝的要因から環境的要因と身体的要因が加わることで発症すると言われています。うつと診断された時は考え方やストレスとの付き合い方を見直すチャンスです。焦らず治療しましょう。

Read

うつ病の進行

葉っぱ

うつ病は軽度のうつ症状から始まり、次第に不眠症や食欲の低下からくる体重減少、ひどくなると人との関わりを一切断とうとするように進行していきます。軽度の状態で診断されるほど、早く治療することができます。

Read

うつ病の治療方法

相談

うつ病と診断されて治療するには長い時間と本人と協力してくれる家族の根気が必要になります。うつ病治療は休養できる環境作りと、薬による体の異常を修正することが大事です。

Read

増加を辿るうつ病

悩む人

うつ病と診断される方が増加しています。IT化によるコミュニケーションが省かれている現状や、うつ病への理解が少ない現代で、働き盛りの世代がうつ病と診断されることが多くなっています。

Read

うつ病とはどんな症状

女の人

うつ病とは誰にとってもかかりうる可能性のある身近な病気です。うつ病と診断された患者は近年増加し続けており、およそ70万人以上の方がうつ病と診断を受けていると報告されています。また、生涯に一度はうつ病を経験するという方が16人に1人とされているほど、誰にとっても身近な病気になっています。だれでも嫌な気分になったり、気持ちが沈んでやる気が起きなかったりといったうつ病気味の症状がありますよね。日常で嫌なことがあった時に起こるような、一時的な気持ちの落ち込みはうつ病ではありません。しかし、激しい気分の落ち込みや今まで好きだったことへの興味の喪失が、ほとんど一日中や毎日、さらに2週間以上と症状が強くなり長引いて仕事などに支障をきたすほど、気分の変化が起こることがうつ病です。気分の落ち込みなどが特筆される症状ですが、うつ病は脳の働きに問題が起きている状態なのです。気分の問題と誤解されがちですが、脳に異常が発生している状態なのでうつ病と診断されている場合、気力でどうにかできるような状態ではありません。うつ病は必ず治療が必要になる病気です。うつ病と診断されるほど症状が進行している状態だと、心と体に症状が現れてきます。心の症状としては抑うつ気分を感じたり、興味のある事でも全く興味を示さなくなる喜びの喪失が表れたりします。それに加えて体の症状としては睡眠障害や動悸や息苦しさを感じるようになります。また、うつ病にかかると身体の重みや痛さを感じるようになり、日常生活で集中力の欠如や疲労感が伴うことになります。そんな状態が続く中では仕事への失敗が起きたり、自分への自信の喪失に繋がったりします。それが積み重なりうつ病は症状が進行していきます。うつ状態が数日間続くと感じるようになれば、精神科または心療内科の医師に相談してみてはどうでしょうか。また、周りにそのように感じる人がいれば話しかけて手を差し伸べてあげて下さい。うつ病は精神科や心療内科のホームページ内でチェックリストが作られていて簡易的な診断ができます。うつ病だと感じる方はチェックリストで診断し、あてはまることが多ければ早めの受診をしましょう。それに加えて本人対象だけでなく、他己診断のチェックシートもあるため周りに最近元気がないなという方がいらっしゃれば結果を合わせて本人に伝えてみてはどうでしょうか。うつ病は早めの治療が大事なのでクリニックへの早めの相談をしましょう。